HOME>レポート>短期間でもくりっく株365が利用できると巷で話題

短期間でもくりっく株365が利用できると巷で話題

通貨

口座を開設する

東京証券取引所に上場されている「くりっく株365」は、新しい金融商品の中でも人気が高く口座数が急増しています。くりっく株365が取引対象としているのは、日経平均株価やニューヨークダウをはじめとする世界の株価指数で、投資はすべて円建てで行いますが、現物株をやり取りするわけではありません。くりっく株365を始めるには、取り扱っている証券会社に専用の口座を開設する必要があります。現在ではネット証券をはじめ、ほとんどの証券会社で簡単に口座が開設できます。そして取引を開始する前に、口座に証拠金を入れておきます。証拠金の額は投資額の20分の1〜30分の1となっており、逆に言えば20倍〜30倍のレバレッジをかけられるわけです。

男性

長期投資も短期投資も

くりっく株365では大きなレバレッジをかけられるため、少ない証拠金で短期間に大きな利益を上げることが可能です。もしロスカットが必要になっても、証拠金だけの損失で済みます。また取引は24時間いつでもできるので、突発的な事件が起きても即座に対応することができます。できるだけ安全に利益を上げたい場合は、レバレッジを低く設定して長期間保有するという利用法もあります。くりっく株365でも配当金が受け取れるため、値上がり益とダブルで収益が期待できます。株価が低下傾向にある場合は、売り注文から入ることも可能です。このようにくりっく株365は、いろいろな使い方ができるため、初心者から上級者まで幅広く支持されている商品です。

広告募集中